ファティマ 第 三 の 予言 内容

ファティマ

Add: cefil26 - Date: 2020-12-17 09:57:45 - Views: 2372 - Clicks: 6793
/706 /3588884 /7ab40bf7/901 /159700d91f14d

ファティマ 第 三 の 予言 内容 では問題のファティマ第3の予言の内容とは? ファティマ第三の予言の内容. ファティマの予言を受けたのは、当時10歳にも満たなかった少女2人と少年が1人。 このうち兄妹であったジャシンタとフランシスは、聖母マリアが予言の中で話した内容の通り若くしてその人生を祈りと贖罪に捧げて亡くなっている。 唯一、生き残ってこれらの出来事を広めてきたのは、ルシア・ドス・サントスという少女だけであった。 予言とマリア降臨の噂を聞きつけた多くのカトリック信者や聴衆は、マリアがファティマに現れる度に増えており、小さな田舎街には数万人もの観衆が集まる事態になったことは以前の記事で紹介した事実である。 問題はその後にある。 ルシアは一連の騒動のあと、ドロテアの修道会に入り、その生涯をシスターとして過ごして生きていったのである。 しかし、彼女の人生は普通のシスターとは大きく違っていた。何しろ、ルシアはカトリック教会が正式に認めた奇跡の当事者である。. 受難の門のところには、どの方向から足しても「33」になる魔方陣があります ・キリストが死んだのも33歳、蘇よみがえったのも33歳です ・「33」という数字は、キリスト教・仏教・神道につながり、宗教の分け隔てない絆となります (フリーメイソンにつながるということ) 3. 。. 第三の予言は1960年に公表予定でしたが、 事前に内容を知った聖パウロ六世が失神するほどの衝撃的な内容だったため、公表されませんでした。 今でも厳重に管理されていますが、ついに年に公開されたのです. 。.

org/ 1916年、ポルトガルの南西部に位置する小さな村ファティマに住む三兄弟の前に天使が現れ、三兄弟に聖母マリアへの謁見の為の手ほどきを施しました。 翌1917年、三兄弟は聖母マリアに会い、毎月13日に数々の警告を受けました。三兄弟は近い未来に起こることを質問し、聖母マリアは以下のように予言しています。. 第三のお告げは、人類が悔い改めない場合、とんでもない大災害が巻き起こることを予言している。 大洪水よりも酷いこと。 なんとなく東日本大震災の発生を予言しているように見えなくもない。 「火が天から下り」という記述から、隕石や小惑星が地球に衝突する予言とも読み取れる。 このような未曽有の髪の怒りを防ぐにはどうすればいいのか? もちろん、祈り、苦行、貧しさ、勇気ある犠牲的行為が大切だ。. net/ ジョン・タイターは年の未来から年11月の世界にやってきたタイムトラベラーです。 当時のインターネット上におけるチャットでアメリカ人のコミュニティに参加しており、これから起きるであろうことを書き残しています。 彼はタイムトラベルの技術的限界として並行世界の未来から来たと説明しています。これは一見、何も違いはないが、確実に違う世界にタイムスリップするという意味で、それを踏まえた上で未来を予言しました。. /06/16 - ファティマの予言の話を聞いたことがあるだろうか? 1917年、ファティマという貧しい村に現れた聖母マリアが、村の3人のこどもたちに伝えた3つの恐るべき予言の事だ。. 太陽の奇跡 (5度目)1917年10月13日.

また第三の予言は当たったとして挙げられた1981年の事件も、予言の内容とは大幅に違うという声が根強く残っています。 我々オカルト愛好家の間ではこの時発表された『ファティマ第三の予言』は、完全に造られたものか一部分を抜き取って伝えられた. 第一の予言も第二の予言も発生後ではありますが 一応的中しています。 ファティマ第三の予言. ファティマの予言は、あまりにも有名過ぎて、語りつくされている感はありますが、 今回はその予言で未だに明らかにされていないと言われている、「ファティマ第三の予言」の謎に迫ってみたいと思います。. 第1の予言は通称「地獄の幻想」と呼ばれている内容だ。 「地上は火の海となり、悪魔や人間の形をした魂が燃える炭のようになり、痛みのために叫び、うめき、絶望の中に陥っている」と地獄の様相が描かれている。. ファティマ第3の予言の真相は未来記にあるようです。3人の牧童ルシアが言うには第三の秘密は、「ヨハネの黙示録」に関わり、バチカン、黙示録予言、秘密結社、フリーメイソン、イルミナティーにあり、ロスチャイルドが考えている根本の予言書というのは、どうも聖徳太子の未来記にある. 絶対に明かされない世界の未解決ファイル99 ファティマ第三の予言からチュパカブラまで (NATIONAL GEOGRAPHIC) 著者 ダニエル・スミス (著),小野 智子 (訳),片山 美佳子 (訳) 古代から現代まで人類の未解決事件簿。. その奇跡は1973年に秋田県秋田市にあるカトリック教会で起きた。 そのマリア様の奇跡は大きく3つ。 教会にある木製の聖母マリア像から、合計で101回も涙が流れた。 この涙は採取され、成分分析されたのだけど、たしかに人間の体液であることが確認されたとか。 さらに修道女の手には十字型の傷「スティグマ」があらわれ、出血までしたという。 スティグマ(聖痕)は世界中で事例のある、神の奇跡のひとつ。 キリストが磔刑になった際に手のひらに打ち付けられた釘、それと同じ場所から血がでたり、キリストがかぶせられた茨の冠の部分からも出血しちゃう。 秋田の修道女の手には十字架のようなスティグマがあらわれた。 深夜、痛みに耐えながら傷を治療しているときに、シスターはマリア様の美しい声を聞いたという。 それがマリア様のお告げ。 お告げは合計で3回もたらされたという。. ファティマ第一、第二、第三の予言の内容を教えてください 第一、第二の予言は既成事実。第三の予言はやはり第三次世界大戦で、中東あたりから火種が出て世界を巻き込む大戦にまで発展するような内容だったように思う。.

「ファティマ第三のの予言」を1960年に公開するように言われていたのにさらに40年間も先延ばしにしてしかも一部しか公表しないのはなぜでしょうか? 「第3の預言」の内容を知っているルシアが、「それはほんの一部で、バチカンは嘘をついている」と司法省に提訴したことでも明らかである. 信仰の門のところに立っている聖母マリアの上には目のマークが刻まれています (プロビデンスの目ではないか) 2. あなたは ファティマ第三の予言 について知っていますか?. もう1つこの時期に噂となったのが、ルシア本人と偽物の入れ替え説であった。 もはやルシアを表に出しておけないと判断した結果、ルシアの偽物を本物の代わりに修道院に置いていたという説がある。 これらの比較写真はインターネット上に多くあるので、以下に一部引用させて頂く。 上記画像はルシアの写真として残されているものだが、まず、第一に歯の並びが大きく違っていることが指摘されている。 ちなみに、中央上段の写真はルシアが60歳の頃の写真であると言われている。この写真を見る限り、到底60歳の女性には見えない。 また、顎や鼻の違いについても指摘されており、これらが発展して本物のルシアは1950年~1960年頃に暗殺されてるという噂まであるのである。 暗殺されていたという説については、後年のルシアの証言が食い違っていることが起因している。 ファティマ第三の予言についての公開をロザリオの聖母マリアから1960年にと厳命されていたルシアは、後年のインタビューで以下の様に主張を変えている。 以下、1992年のインタビューから抜粋 1. 柄ではなく数字の「13」があちらこちらに刻まれています ・「13」という数字は聖母マリアが現れた日付でもあります 年にサグラダ・ファミリアが完成し、アントニオ・ガウディが刻んだ聖母マリアの暗号が揃った時、すべての謎が解けると言われています。 そして13年ごとに、人類の新時代が近づいてくると言われています。 また、少し気になったのが「ヒトラーの予言」です。 ヒトラーの予言の中に、 という意味のことが書かれてあります。 同じ年というところで、ファティマの第三の予言と何か関係するものがあるのかもしれませんね。 年にサグラダ・ファミリアが完成し、13年かけて聖母マリアの謎を解き、そして年にはどんな真実が現れるのでしょうか。. jp/ 日本にもジョン・タイターと同じように未来からのタイムトラベラーがネットに出現しています。 彼は年からやってきた未来人であると語り、巨大掲示板群2ちゃんねるに現れました。 彼は年11月から12月、年7月、年12月に分けて2ちゃんねるにてネットユーザーの質疑に答えています。 年の最初の接触の時点で年3月に発生した東日本大震災に対する警告を与えたことで有名です。. 時系列は基に戻りまして、 ファティマの予言 ファティマ 第 三 の 予言 内容 を聞いてから、3か月後の事である、このころには、おおよそ7万~10万人が集まり聖母マリアの出現を待っていました。. ファティマの第三の予言もまた、「火が天から下り、その災いによって人類の多くの人々が死ぬ」という内容であったのかもしれない。 ひょっとしたら具体的な原因や年月までも記されていた可能性もある。 だ.

com/ 10万人もの群衆が訪れた聖母マリアとの会見は、後世にも“紛れもない真実”として伝えられている。 そう、同会見は奇跡の連続だったのだ。 聖母マリアはヒイラギの木の上に姿を現すと、黒雲に隠れていたはずの太陽が顔を出した。そして、太陽は回転しながら光線のようなものを振りまきはじめ、地上に向かって落下しはじめたのである。 これに群衆は「この世の終わりだ!」とパニックを起こしたものの、太陽は落下をやめて元の位置に戻ったという。 この真実は翌日の新聞各紙が大々的に報道。その見出しのほとんどは「奇跡」と書かれていた。 しかし、これが真実なのだから「奇跡」と書かれても仕方ない。 そもそも群衆が目撃した真実は“非現実的な出来事”に違いないのだ。ましてや、聖母マリアが出現したのだから当然であろう。 が、一部の研究家たちはこの真実は、聖母マリアの出現ではなく異星人が正体であり、回転した太陽はUFOだったとの指摘もある。 はたして、この会見の真実における“正体”は話どおり、聖母マリアなのだろうか?それとも、研究家たちが指摘する異星人なのだろうか?. では長年封印されることになった第三の予言の内容とはどういったものだったのでしょう。 その内容が以下の通りになります。 予言の内容を見てみますと、教皇が一団の兵士たちにより殺され、同様に司教、司祭、修道士、修道女、様々な階級と職種の平教徒の人々も死んでいくという非常に恐ろしい内容となっています。これは封印したくなるのもうなずけます。 ヨハネ・パウロ二世はこの予言の内容について1981年5月13日の教皇暗殺未遂事件であったと規定しています。. しかし、この予言の内容については虚偽、あるいは全文ではなく一部なのではないかと疑われています。 その理由は前の2つの予言に比べて矮小すぎる点、予言の内容が1981年の教皇暗殺未遂事件とは食い違うものである点などがあります。 しかし、それ以上に説得力があるのは聖母から直接第三の予言を伝えられ、この内容を教皇庁に伝えた張本人であるルシア自身が「バチカン(発表した教皇庁がある場所)は嘘をついている」と発言したことにあります。 結局その真実を知るルシアは年2月13日に亡くなり、ファティマの第三の予言の真相は不明なままとなってしまいました。. 神がめちゃくちゃ怒ってって、大いなる罰を下そうとしている。 そんな警告が第二のお告げの主題。 神の怒りを鎮めるには”4つの方法”があることも同時に告げている。 ①祈り ②苦行 ③貧しさ ④勇気ある犠牲的行為 私の場合、今のところ”貧しさ”だけは当てはまっているのだが. 聖母が1960年に第三の予言を公開するように命じたことに対しての問いには「聖母は一度もそんなことは言っていない」と断言している さらに2000年のインタビューにおいて、第三の予言に関する封書に開封を1960年以降と定めたのはマリアの意思によるものであったか?という質問には以下の様に答えた。 「いいえ、マリアではありません。わたしが決めました。なぜかといえば、わたしの直観で、一九六〇以前には理解されない、そのあとになれば分かってもらえると思ったからです。今では、とてもよく理解することができます。わたしは、見たことを書いたまでです。解釈するのはわたしではなく、教皇様です」 という衝撃的な返答をしているのである。 自分の直感で開封期限を決めたと言い切ってしまっのだ。 この2000年のインタビューにおける発言は、およそ信心深かった幼いルシアの像とは大きくかけ離れた回答であると言わざるを得ない。 ファティマの奇跡において先に亡くなったジャシンタの信心深さを見れば分かる通り、少なくとも少女であったルシアは1950年代までは先に. そんな中、ファティマ聖母出現から100周年となる年5月13日〜10月13日に第3次世界大戦が起こるとの予言した人物が現れました。 それはトランプ大統領の誕生やアメリカのシリア攻撃などを予測し、世界各国のメディアより注目されている預言者ホラシオ・ヴィガレス氏です。 同氏曰く、「戦争はイルミナティの王となる億万長者のビジネスマンによって引き起こされ、戦争は年5月13日から10月13日の間に始まり、多くの厄災と死をもたらす」とのこと。 イルミナティの王となる億万長者のビジネスマンとはドナルド・トランプ氏のことではないかとも言われており、北朝鮮と戦争間近と言われるアメリカの緊迫した状況を考えるに的外れとも言えない予言となっています。 この予言がファティマ第三の予言と関わりがあるのかは不明ですが、意外と現実味のあるもので全否定もできないのも恐ろしいところです。 >>>ファティマの奇跡100周年の年5月13日に第3次世界大戦が起こる! ファティマ第三の予言は、聖母マリアが未来を予言した中で、まだ実質内容非公開のものです。 ファティマ 第 三 の 予言 内容 ファティマはポルトガルにある村の名前です。 第三の予言内容は、聖母マリアが宇宙人である説・戦争で人類滅亡説・予言はもともとなかった説等々様々な憶測が出る事へ・・・。.

ファティマ第三の予言が起こったのはポルトガルの小さな村だった。 今からおよそ100年前、片田舎に属するファティマ村で信じられない奇跡が起こる。 その奇跡こと、ファティマ第三の予言を体感したのは村に住む牧童3名。ヤシンタ・マルト、フランシス・マルトの兄妹と、ルチア・ドス・サントスだ。 ある日、彼らは羊の群れを毎度訪れる窪地へと移動させていた。その時突然、雷光と共に強風が吹き始めたのである。これに慌てた牧童たちは羊の群れを急いでまとめ、一目散にヒイラギの木まで逃げた。 すると、そこにまばゆい光を放つ聖母マリアが出現したのである。 マリアは牧童たちと毎月13日の同じ時刻、同じ場所で会うことを約束し、必ず姿を現したという。 この噂は瞬く間に広まり、牧童たちとマリアの会見6回目には、10万人もの群衆がその場に訪れた。 そして、有名な「ファティマ第三の予言」がいずれ明らかになる。. 1973年秋田県の修道女の手のひらに、十字架の形が激しい痛みや出血とともに現れました。 十字架の傷跡は「聖痕せいこん」と呼ばれています。 そして、1973年6月9日に、「聖痕」をもつ修道女は「天使」から「秋田の聖母マリアの祈り」を教えられます。 のちに「秋田の聖母マリアの祈り」はポルトガルの「ファティマの聖母マリアの祈り」と同じだと判明します。 そして、聖母マリアは「聖痕」をもつ修道女に3つの予言をします。 1973年7月6日 修道女に同情し、不自由な耳が治るというもの。 1973年8月3日 人類への警告と、天主の怒りを鎮めるための祈りを求めるというもの。 1973年10月13日 人類が悔い改めない時は、天主は全人類に対し、今までにない罰を与える。 その罰によって、多くの人々が亡くなる そして、生き残った人々が亡くなった人を羨ましがるようなほどの苦痛や苦難があるというもの。 ファティマの予言と似ている部分がありますね。 ローマ法王が第三の予言を公開しなかったから、日本にも似たような予言を伝えに来たのでしょうか。. あちらこちらに、聖母マリアの秘密の暗号を残しています 4. .

そして、問題になっているのが ファティマ第三の予言です。 1960年まで公開し手はいけないと 言われていたようなんですが 時期が来ても公開されませんでした。. See full list on bukimidick. ハイジャックもされました(リアルな話です) 年5月 教皇庁は40年間も発表を先送りにしてきた. ファティマ第3の予言を正式に公表. フリーメイソンの一員である、アントニオ・ガウディが聖母マリアの秘密を明かすために作った教会が年に完成予定です。 その教会の名前は、サグラダ・ファミリアです。 サグラダ・ファミリアは教会ですが、バチカンが認めたバシリカと言われる教会になります。 バシリカとは、ローマ法王が認めた上位に位置する教会になります。 しかし、サグラダ・ファミリアはまだ建設中なのになぜバシリカとして認められたのでしょうか。 そこには、フリーメイソンのアントニオ・ガウディがサグラダ・ファミリアに刻み付けた「ガウディ・コード」と呼ばれるものがあるからと言われています。 サグラダ・ファミリアには、あちらこちらに暗号のようなものがあります。 1. 一般的にはファティマの奇跡に携わった人物の中では最も長命であり、97歳で亡くなったとされるルシアではあるが、これらの真相は未だに解明されていない。 2005年にはルシアとされる人物も亡くなっており、当時の事実を知る人間はほとんど残っていないのである。 もちろん、これらの噂が全て真実だと安易に語ることは出来ないが、ファティマの予言という奇跡の傍らで、こういった説も唱えられているのである。 参考 第15回 ファティマの予言 1981年5月2日、奇妙なハイジャック事件が起こった。アイルランド航空の飛行機を乗っ取ったその男は、金銭でも政治的要求でもない、不思議な要求をしてきたのじゃ。 「ファティマ第三の予言を公開せよ」. See full list on soyokazesokuhou. その中でも、ファティマ第三の予言が、謎に包まれているかと言えば、非常にに恐ろしい内容であり、公には公開できない重要機密であるからです。 第三の予言について語る前に、まず、ファティマの予言について簡単にご説明したいと思います。.

ニュートン物理学の作用反作用の法則が物語っているように、世界は因果律に支配されており、一つの原因はあらゆる結果をもたらす可能性を秘めています。 だからこそ、未来を予言するということは、一見すると不可能に近いものであるように思えるものです。 しかし、実際に的中させた例を見ると未来予知の可能性に静かな現実味が帯びてきます。 その的中した予言はタイムトラベルや神秘の証左であるのかもしれませんね。. 「ファティマ第三の秘密を公開せよ」 と、1981年5月2日にはアイルランド航空164便が. ファティマの第三の預言とは世界の破滅を予言した内容ではないかと様々な憶測を呼んだりしもました。 そして第三の預言は長い間公表されなかったのですが、年の5月、 教皇庁はついにその内容を公開しました。 公開されたファティマ第三の預言の. お告げを受けた修道女は難病に苦しんだ過去を持っていて、難聴で聴力がほとんどない状態だったとか。 にもかかわらず、マリア様の声は聞こえたわけだ。 お告げの内容は「耳はいつか聞こえるようになりますよ」という優しさいっぱいの予言。 手にあらわれたスティグマの心配もしている。 マリア様やさしい! しかしマリア様のお告げは、2回目、3回目と不穏なものになっていく.

これまで、「ファティマの予言」についてお話してきましたが、第一の予言・第二の予言は成就されています。 残る第三の予言は年に公開されるのではないかと言われています。 年にはさまざまなことが起きるのではないかと推測されています。 ヒトラーの予言も「年」と言われているのも気になるところです。 ファティマの第三の予言は「謎」に包まれている存在ですが、アントニオ・ガウディのサグラダ・ファミリアが完成し、聖母マリアの秘密の暗号が解かれた時、何かが変わるのでしょう。 私はファティマの第三の予言が、第三次世界大戦(核戦争)でないことを祈ります。 また、アントニオ・ガウディがフリーメンであることも何か関係があるのでしょうか。 そして、日本にも「ファティマの予言」と同じ3つの予言があります。 日にちこそ13ではありませんが「聖痕」という痛みを負い「天使」からの教えも同じです。 「似てる」という以外の言葉にしかなりません。 年まであとちょうど20年です。 ファティマ 第 三 の 予言 内容 この20年をどのように過ごすかによって、その後の日本・世界あるいは地球そのものの存在が変わってくるかもしれませんね。 最後までお読みいただきありがとうございます。. See full list on mysteryworld7. . つまり第二の予言は的中していたのだ。 ファティマ第三の予言とは? 上記2つの予言と同じ時にルシア達は第三の予言と言われる未だに全容の公開されていないと言われる予言を託されていたという。. 第1と第2の予言に続き、人々は「第3の予言」の公表を待ちましたが、解禁となる1960年を過ぎても、「第3の予言」の内容は発表されませんでした。 その理由は、当時のローマ法王が恐怖のあまり失神するほどの予言内容だったため、と言われています。. See full list on 0ccult. 長らく秘密にされてきたファティマ第3の予言であるが、年に正式に教皇庁に公表された。 その内容は驚くべきものだった。 ファティマ第3の予言は「1981年5月13日の教皇暗殺未遂.

ファティマでマリア様の予言を聞いた子どものうちの一人は、大人になってからシスター(修道女)となった。 そして教会に促され、子どもの頃に聞いたマリア様のファティマの予言を文書として書き記した。 第一、第二の予言はすぐに公開されたが、第三の予言に関してはシスター本人が「1960年まで絶対に公開しないよう」と告げ、厳重に封がなされた。 しかしながら実際にファティマ第三の予言の内容が公開されたのは、1960年の40年後の年。 しかもその内容は世界破滅などのスケールのデカい予言ではなく、「1981年の教皇ヨハネ・パウロ2世の暗殺未遂事件」を予言したものである、とバチカンが公式に発言したのだ。 「真実が隠蔽されている!」 「ホントはもっとスゴイ予言のはずだ!!」 世界中のファティマ第三の予言ファンたちは叫んだ。 ファティマ 第 三 の 予言 内容 だってファティマ第三の予言の内容を知った教皇が気絶したって逸話があるくらい、インパクトのある内容だと思っていたのだから。 つまりファティマ第三の予言の真実はバチカンによって隠蔽されていて、本当の予言はもっと恐ろしいものな可能性もあるわけだ。 で、そのヒントとなるのが秋田のマリア様のお告げかもしれない。 といのも、ファティマにあらわれたマリア様と、秋田にあらわれたマリア様には何点か共通点があるから。 まず、お告げがどちらも3回であること。 ファティマも秋田も、マリア様が登場するのは3回だけ。 地理的な共通点もある。 ポルトガルの小さな村であるファティマも、秋田県秋田市も、ともに北緯39度のライン上に位置している。 もっとも大きな共通点は「ファティマの祈り」にある。 ファティマの祈りは1917年にファティマにあらわれたマリア様から、当時の子どもたちが教えてもらった祈りのことば。 秋田にマリア様の奇跡があらわれた1973年当時、ファティマの祈りについて日本ではまったく翻訳されていないし、知られてもいなかった。 しかし秋田のマリア様もまた、修道女に「ファティマの祈り」とまったく同じ祈祷文を教えてくれたとか。 このことから、ファティマと秋田のマリア様が同一人物であるとすると. さて、いよいよ本題の「ファティマ第三の予言」について解説したい。 ちなみにファティマ第三の予言は、前述した牧童3名に授けられたものだ。つまり、群衆に授けられた予言ではない。 まずはファティマ第三の予言をかんたんに紹介する。 なお、ファティマ第三の予言の3つ目は近年になってようやく公開され、その予言内容は「1981年の教皇暗殺未遂事件」だったと発表された。 しかし、一部では「世界の終末」が予言内容だったとする声も・・・。 ファティマ 第 三 の 予言 内容 いずれにしても、その真実はバチカンのみが知る。 非公開にしている理由は、その予言が公表できない内容であるからに違いない。 そう考えると、ファティマ第三の予言はとても恐ろしいものなのだろうか。. See full list on zatsugaku-mystery. See full ファティマ 第 三 の 予言 内容 list on smoworld. 聖母と天主(神)が今でも第三の予言を公開することを望んでいるか?との問いに、「それらは教皇様と教会の指導者に委ねられている」という返答 2.

ファティマの聖母(ファティマのせいぼ、葡: Nossa Senhora de Fátima )は、ポルトガルの小さな町ファティマで起きた、カトリック教会が公認している、聖母の出現の一つ。ローマ教皇庁は奇跡として公に認めたが、第三の予言は長年にわたり秘匿した 。. ファティマとはポルトガルにある小さな町のことで、1917年5月13日に聖母マリアがファティマに住む3人の子供(ルシア、フランシスコ、ジャシンタ)の前に現れたと言います。 聖母は1917年10月13日までの毎月13日に現れ、子どもたちにメッセージを送っているのですが、このメッセージの中に第1次世界大戦の終結や第2次世界大戦の始まりを予言したものがありました。 その予言は3つあると言われ、そのうち2つは公に伝えられたのですが、最後の第三の予言のみはルシアにのみ伝えられ、1960年になったら公開するよう聖母に言われたのです。 1960年にルシアはローマ教皇庁に伝えられましたが、あまりに恐ろしすぎる内容だったためそれを封印し、結局それが公開されたのはそれからさらに40年後となる年になりました。.

ファティマ 第 三 の 予言 内容

email: [email protected] - phone:(578) 772-4962 x 5161

頚部 脊柱 管 狭窄 症 筋 トレ -

-> 微睡み の 楽園
-> 美人 すぎる 寿司 屋 の 娘

ファティマ 第 三 の 予言 内容 -


Sitemap 5

樹木 希林 名言 -