阿仏 房

Add: uzoluby18 - Date: 2020-11-26 04:40:29 - Views: 2890 - Clicks: 3924

住所新潟県佐渡市阿佛坊29 ジャンル寺院 電話. 宝に飾られた荘厳な宝塔は、自分の中にあります。 そしてみんなの中にもあります。 お題目を上げ抜いていけば、みんなが人材です。 みんなが宝塔であり、大聖人の仏法を証明する多宝如来です。 まずは私自身が、先頭に立って創価の生命尊厳の哲理を語りに語り、一人また一人と人材を増やしつつ、使命ある我が地域で広布の前進に取り組んでまいります。 さあ、「前進・人材の年」の本年、今こそ尊き使命を自覚して、共々に自分史上最高の拡大戦を勇んで進めてまいりましょう。. 年1月度大白蓮華(だいびゃくれんげ)に掲載されている阿仏房御書 (1304ページ)のひらがな文、原文を示し、背景と大意を述べます。 ひらがな文. 阿仏房も千日尼も庶民だったそうですが、なぜ坊さんみたいな名前なのですか? 佐渡在住の念仏者夫婦でしたので浄土宗の「法名」ではないかと思います。塚原三昧堂で大聖人を詰問しようとしたが、かえって折伏され、それまで深く信じていた念仏を捨てて妻千日尼と共に大聖人に帰伏した. 最蓮房と阿仏房 -虚飾を剝ぎ真実に迫る-目次.

また阿仏房も高齢をおして、佐渡から身延山を2度も訪ねているというから、この師弟愛は生半可なものではないようじゃな。 阿仏房と千日尼の旧宅・阿仏寺を前身とするお寺が、 日蓮宗 佐渡 三本山のひとつ、 蓮華王山妙宣寺。. 阿仏房元屋敷(妙宣寺草創地)の調査報告(小瀨) 『新版 日蓮と佐渡』における阿仏房の目黒町から新保への移転時期と経緯 次の御遺文には、阿仏房の目黒町から新保への移転の経緯が記されている。 『千日尼御前御返事』弘安元年(一二七八)七月二八日. 年1月度 阿仏房御書 「阿仏房御書」1304ページ 講師:森中教学部長 ※年10月度から、これまでの「背景」動画の内容を、「解説」の中で合わせて講義しています。.

デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 阿仏房の用語解説 - 1189-1279 鎌倉時代の僧。文治(ぶんじ)5年生まれ。千日尼(せんにちに)の夫。日満の曾祖父。承久(じょうきゅう)の乱により佐渡へ流された順徳上皇につかえ,上皇没後妻とともに落髪した。文永8年佐渡に配流された日蓮の弟子となる。伝承では. 阿仏房と大聖人: 日蓮聖人の信徒に佐渡の阿仏房(あぶつぼう)という人物がいます。もとは承久の乱で佐渡へ流された順徳上皇に仕えた武士で、遠藤為盛といい、上皇が佐渡の真野でお亡くなりになると、入道して御陵のかたわらに庵を結び、上皇の冥福を祈って三十年、ひたすらに. 阿仏 房 阿仏房は何度も身延の大聖人を訪ねているんだ! 弘安2年(1279年)に阿仏房は亡くなるんだけど、千日尼はその後も子息の藤九郎を大聖人のもとに送り出すなど、純粋な信心を貫いたんだ!. 阿仏房からの法華経の宝塔に関する質問に対する返書で別名「宝塔御書」と呼ばれ短い御書だけど本尊義が書かれている重要な御書です。 とはいえもうこの御書も何度も座談会でやってて同じ御書を座談会で使いまわすのは年も変わらないスタンスの. まず始めに「末法に入って法華経を持つ男女の・すがたより外には宝塔なきなり」とあります。 「すがた」とは、外に現われた姿形・行動のことです。 大聖人は、この生きた人間の「すがた」のほかに宝塔はないと断言されています。 まさしく、私たちが御本尊を持ち、お題目を唱え、仏法を弘めゆく「すがた」こそ、「尊極の宝塔」に違いありません。 また、逆に言えば、自分の姿を宝塔とするには、法華経を持ちお題目を唱える以外にはないとの意味にもなります。 次に「若し然れば貴賤上下をえらばず」とあります。 「貴賤上下」とは、もともとは人々を差別する言い方であり、身分の貴い人と賤しい人、地位の高い人と低い人という意味です。 しかし、仏法は「貴賤上下をえらばず」です。 これぞ大聖人の最高の人間尊厳の思想です。そこには、男か女かという差別もなければ、社会的立場の違いも問題ではありません。 「南無妙法蓮華経と・となうるものは我が身宝塔にして我が身又多宝如来なり」です。 お題目を唱えるならば、皆宝塔であり、又多宝如来なのです。 多宝如来とは、法華経の真実を証明することを誓った仏です。 要するに法華経の証明者です。 証明者とは、決して傍観者ではありません。 法華経が説かれるところには必ずあらわれるとの誓いのままに、法華経が最高の教えであることを我が身で証明する使命があるのです。 続く御文に「妙法蓮華経より外に宝塔なきなり、法華経の題目・宝塔なり宝塔又南無妙法蓮華経なり」とあるのは、大聖人があらわされた御本尊とは宝塔であり、南無妙法蓮華経こそが宝塔であるとの仰せです。 例えば鏡がなければ自分の顔を見ることはできません。 我が身が宝塔であるといっても、宝塔たる御本尊を鏡としてお題目を上げることで、我が身に宝塔を見ることができるのです。 御本尊とお題目を弘め、貴賤上下の差別なく、あらゆる人、一人ひとりの胸中に宝塔を打ち立てる。 これこそが私たち創価学会の使命ではありませんか。 池田先生はつづられています。. 阿仏房御書」に「あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ。子にあらずんばゆづる事なかれ。信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ。 出世の本懐とはこれなり」と仰せられておりますが、ここにある「宝塔」とは曼荼羅御本尊の御事ですが大聖人様が文永年間より御図顕.

阿仏房御書 (宝塔御書) 文永九年三月十三日 五十一歳御作. 「阿仏房さながら宝塔・宝塔さながら阿仏房・此れより外の才覚無益なり」(御書1304ページ)――日蓮大聖人から仏法の極理を教えられた門下が阿仏房である。 阿仏房は、大聖人流罪の地・佐渡で帰依し、夫人の千日尼と共に赤誠を貫いた。赦免後も. 1月度座談会拝読御書 阿仏房御書(宝塔御書) 拝読御文 末法に入(い)って法華経を持(たも)つ男女(なんにょ)の・すがたより外(ほか)には宝塔(ほうとう)なきなり、若(もし)然(しか)れば貴賤(きせん)上下をえらばず南無妙法蓮華経と・となうるものは我が身(み)宝塔にし. 阿仏房とは、佐渡で最初に日蓮聖人の信者となった人物です。 「阿仏房は、順徳上皇に供奉して佐渡に渡った北面の武士でした」そう教えてくれたのは、住職の関上人です。 「阿仏房は当時、熱心な念仏の信仰者で、崩御した天皇の成仏をひたすら願って. 承久の乱に敗れ佐渡配流の順徳上皇に仕え、のち阿仏房日得(あぶつぼうにっとく)となった遠藤為盛(えんどうためもり)とその妻・千日尼の開基と伝えられる佐渡市真野地区の古刹、妙宣寺。遠藤為盛は、佐渡に流された日蓮に帰依し、再三身延山を訪れて日蓮の説法を聴いています。90歳. 阿仏房に関しては、承久の乱の時に佐渡に流された順徳上皇のお供の武士で、藤原氏の 末裔 (まつえい) であったという説や、佐渡に 土着 (どちゃく) の人であったという説もあり、定かではありません。ただ入信以前は、熱心な念仏の信者であったことが. 11メートルの五重塔で、県内唯一の五 重塔。 相輪は江戸風ですが、組物などは地方色豊かな建造 物です。. ①阿仏房御書(七九三頁) 多宝如来の宝塔を供養し給ふかとおもへば、さにては候はず、我が身を供養し給ふ。我が身又三身即一の本覚の如来なり。かく信じ給ひて南無妙法蓮華経と唱へ給へ.

今回、みなさんと学んでまいります「阿仏房御書」は、日蓮大聖人が佐渡に流罪中に夫婦で入信したという男性に与えられた御手紙です。 阿仏房は入信後、食料や紙などを大聖人に届けて、大変厳しい佐渡での生活をお守りした代表的な門下です。 また大聖人が身延に入山した後も、何度も大聖人の元を訪れていて、今回拝読します「阿仏房御書」にも真心の供養が阿仏房から大聖人に届けられていることが書かれています。 そして、阿仏房はそのご供養とともに、とある仏法の法門について大聖人にお尋ねします。それが「法華経に説かれる多宝如来や宝塔の涌現とは、一体、何をあらわしているのか」という内容です。 ここで、「宝塔」というキーワードが出てまいりましたが、この御書は別名を「宝塔御書」と申します。それは、この「宝塔」について詳しく大聖人がご説明されている御書だからです。 宝塔といいましても何の話をしているか、ちょっとイメージがわかないと思いますので、ここでは、阿仏房の質問の意味を明確にするために、あらためて法華経見宝塔品第11で説かれる宝搭湧現の場面について説明します。 物語は、突然、人々の目の前に宝塔が出現するところから始まります。巨大な宝塔が地面から涌き出して、空中に浮かびます。 そしてその宝塔の中から、釈尊が言っていることは全て真実だという多宝如来の声が聞こえてきます。 多宝如来とは、法華経を説くところに宝塔を湧現させて法華経の真実を証明することを誓った仏です。 このあと釈尊によって宝塔の扉が開かれ「虚空会の儀式」が始まりますが、その壮大な儀式も、宝塔の出現から始まったのでした。 その宝塔は小さく見積もっても地球の直径の三分の一の大きさで、金銀財宝、七つの宝で飾られているという、とんでもないスケールの強烈にきらびやかな宝の塔です。 果たして、こんな想像を絶するような宝塔は、一体何を表しているのでしょうか? 阿仏房がその意味を知りたいと思ったのも頷ける気がしますよね。 この質問に対し、大聖人は「この話はめちゃくちゃ大事なことです」と前置きをしてから、まず天台大師の解説をひもといて順々と説明するかと思いきや、「ものすごくややこしいから、やめておきます」と言って天台の話を展開せずに終わらせます。 そして、簡単に「所詮は自分の心の中に宝塔を見たということです」と結論します。要するに、「宝塔を見る」とは、自. 阿仏房妙宣寺にある日光東照宮の五重塔を模した木造・純 和風の高さ24. See full 阿仏 房 list 阿仏 房 on soka-gosyo. 阿仏坊日得(あぶつぼうにっとく、阿仏房とも)は鎌倉時代における、日蓮宗の信徒。 順徳天皇 に仕え、従四位上に叙せられる。 和漢の学に通じ、歌道にも上達していた。. 生命の尊厳を教え、一人一人を最高に輝かせていくのが日蓮仏法です。 〈御文①について〉 法華経見宝塔品第11には、巨大な宝塔が突如として大地から出現する様子が説かれています。その大きさは、地球の直径の3分の1にも及ぶとされ、金・銀・瑠璃などの七つの宝で飾られている――大聖人は、この絢爛たる宝塔出現の意義を、「己心の宝塔」を見ることだと教えられています。 つまり、宝塔の出現の意味は、自分自身が宝の存在であると知ることにあるのです。それは、法華経の会座の聴衆だけでなく、大聖人門下にとっても同様であると仰せです。 人々の生命が濁った末法にあって、その生命に仏性を呼び顕すことは容易ではありません。それを可能にするのが、「法華経を持つ」――南無妙法蓮華経の唱題行であり、広宣流布のための実践です。 ゆえに、大聖人は「法華経を持つ男女の姿よりほかにはない」と、現実の中で広布に生き抜く人こそが宝塔なのだと教えられています。宝塔の意味を知った阿仏房の驚きと喜びは、どれほどであったでしょう。 さらに、大聖人は、身分や社会的立場の違いなど、一切の差別なく、南無妙法蓮華経と唱える人は、その身そのままが「宝塔」であり、「多宝如来」であると仰せです。 「多宝如来」とは、法華経が説かれるところには、どんな場所でも現れ、法華経の真実を証明すると誓った仏です。まさに、私たち一人一人が、仏法の偉大さを証明する存在であると示されていると拝されます。 さらに、「法華経の題目は宝塔であり、宝塔はまた南無妙法蓮華経」と仰せです。大聖人は、全ての人の胸中に「宝塔」を打ち立てるため、その明鏡として「御本尊」を顕してくださったのです。 〈御文②について〉 大聖人は、阿仏房自身が宝塔であると重ねて述べられ、「これさえ知っていればよいのですよ」と教えられています。わが身が妙法の当体であると確信することこそ仏法の真髄です。 そして、宝塔が七つの宝石で飾られているように、わが生命を輝かせるのは、「聞・信・戒・定・進・捨・慚」という仏道修行の七つの要件であると示されます。 つまり、求道の心を持って、妙法を「聞」き、妙法を「信」じ、妙法の「戒」を持ち、妙法を根本に心を「定」め、精進し(進)、信心を第一として〝わがまま〟を「捨」て、反省すべきは率直に反省(慚)していくことが、わが生命を飾る宝となります。わが生命を飾るのは、自. また、阿仏房の生前の信心をたたえ、法華経の法理に照らして、阿仏房の成仏は一点の疑いもないと励まされている。 「北国の導師」として、師匠と共に大難を乗り越え、師弟不二に生き抜いた阿仏房の生涯は、弟子の模範として後世に輝きを放っている。.

In the Latter Day of the Law, no treasure tower exists other than the figures of the men and women who embrace the Lotus Sutra. 本抄は、日蓮大聖人が、佐渡の門下である阿仏房に送られたお手紙とされます。佐渡流罪中の文永9年(1272年)か、大聖人が身延に入山されてから1、2年のころの御執筆です。 内容は、御供養に対するお礼と共に、阿仏房から寄せられた〝法華経に説かれる多宝如来や宝塔は、何を意味するのでしょうか〟との問いに答えられたものです。. 〈教学〉 1月度座談会拝読御書 阿仏房御書(宝塔御書) 〈教学〉 1月度座談会拝読御書 阿(あ)仏(ぶつ)房(ぼう)御(ご)書(しょ)(宝(ほう)塔(とう)御(ご)書(しょ)) 年1月4日 拝読御文 拝読御文 末法に入って法華経を持つ男女の・すがたより外には宝塔なきなり、若し然. しかし、阿仏房たちは大聖人への渇仰恋慕の思い止みがたく、道中の苦難を 顧 (かえり) みず参詣を果たしたのです。 阿仏房と 国府 ( こう ) 入道が身延に到着したとき、その喜びを大聖人は千日尼と国府尼に 宛 ( あ ) てた御手紙に、. 「妙宣寺」の情報は「にいがた観光ナビ」で。佐渡配流の日蓮に仕え、熱心な法華経信者となった遠藤為盛(阿佛房日得上人)。1278年、妻の千日尼と共に自宅を寺として開いたのが始まりと伝わります。かつては佐渡守護代竹田本間氏の居城で、今もどことなく城跡の雰囲気を残しています. It follows, therefore, that w. まっぽうに いって ほけきょうを たもつ なんにょの 阿仏 房 すがた より. 阿仏房日得と千日尼.

この物語は、佐渡に住む日蓮大聖人の中心的門下であった阿仏房・千日尼夫妻をモデルとした創作物語です。日蓮大聖人は流罪地の佐渡で. 阿仏房は大聖人が身延へ入山された後も、高齢にもかかわらず、幾度も大聖人のもとを訪れています。 本抄は、御供養に対する御礼であるとともに、阿仏房から寄せられた「法華経に説かれる多宝如来や宝塔は、何を意味するのでしょうか」との質問に. 四 月 に 阿佛房 が佐渡から二回目の 登詣 をしています 。文永十一年に一回目の登詣をされています。 阿仏 房 (阿仏房身延登詣の弁)。 この当時、佐渡を往復するのに二五日から三〇日の日数がかかったといいます(田中圭一著『日蓮と佐渡. 阿仏房に与える。 お手紙を詳しく披見致しました。抑も、宝塔の御供養の物として、銭一貫文・白米・品々の贈り物を確かに受け取りました。. 房 と 千 日 尼 を 含 め た 、 大 阿仏 房 聖 人 様 か ら 折 ふ く 伏 さ れ て 、 そ れ ま で の 邪 宗 教 を 捨 て て 、 大 聖 人 様 を お 慕 い し て い る 人 々 は 、 し た 「 も し も の こ と が あ れ ば 、 命 を な げ う っ て で も 、 大 聖 人 阿仏 房 様 を お ま も り. 「北国の導師」――日蓮大聖人は本抄の結びで、阿仏房への深き信頼を込めて呼び掛けられています。「導師」とは、広宣流布のリーダーとの意味です。 佐渡にいた阿仏房は、もともと念仏の信者でした。しかし、大聖人の教えとその人格の輝きに心を惹かれ、自ら念仏を捨て、大聖人に帰依したのです。以来、阿仏房は、妻の千日尼と共に大聖人を外護し続けていきました。 当時、佐渡には、大聖人を憎む者、また亡き者にしようと命を狙う者までいました。大聖人は、千日尼へのお手紙の中で、「阿仏房に(食べ物が入った)櫃を背負わせて、夜中、たびたび訪ねてこられたことを、いつの世に忘れられましょうか」(御書1313ページ、趣旨)と綴られています。 世間的には罪人である大聖人を師と仰ぎ、まして、そのもとに御供養をお届けすることは命懸けでした。しかし、夫妻は住んでいる所を追われるなどの難に遭いながらも、師匠への求道の心が揺らぐことはありませんでした。 大聖人が身延に入られた後も、師弟の交流は続きました。高齢の身にもかかわらず、阿仏房は千日尼から託された御供養を携えて、何度も大聖人のもとを訪れています。 大聖人は、佐渡で留守を預か. 妙宣寺の観光情報 交通アクセス:(1)車で30分。妙宣寺周辺情報も充実しています。新潟の観光情報ならじゃらんnet 日蓮大聖人の直弟子阿仏房日得の自宅を阿仏寺としたものが前身です。. 阿仏房 (~一二七九年)。阿仏房日得のこと。阿仏房は号、日得は法名。一説には、俗名を遠藤為盛(えんどうためもり)といい、もと順徳上皇の北面の武士で、承久三年(一二二一年)、上皇が佐渡に流された時、共に佐渡に来て定住した人と伝えられて.

See full list on sokayouth.

阿仏 房

email: [email protected] - phone:(552) 171-3668 x 9853

久利 生 検事 -

-> 不動産 鑑定 士 会計士
-> Jiyu style u line 2020

阿仏 房 - Servamp manga


Sitemap 4

戦前 日本 の 安全 保障 - ストーカー